美しさ

赤いウェディングドレス:無重力のための70+魅力的なスタイル

明るく神秘的な気質の赤いウェディングドレスは、多くの女性の心を獲得しました。厳粛なドレスの古典的でおなじみのバージョンが白であるという事実にもかかわらず、赤いドレスはますますすべての年齢の花嫁に現れています。

赤いウェディングドレス - 箱の外側を考える明るい並外れた個性の選択。今日、黒、緑、または赤のドレスを着た花嫁は誰も驚かない。ウェディングドレスの珍しい色合いの傾向は、定評のある規範への挑戦の一種であり、すべての栄光の中に自分自身を見せたいという願望です。

赤いウェディングドレス2018:ちょっとした歴史

結婚式のような重要なイベントでは、あらゆる詳細が重要です。このお祝いの花嫁が主人公なので、彼女のイメージに細心の注意を払います。今日の伝統的な白いウェディングドレスを着た人を驚かせないなら、赤はきっとゲストの注目を集めるでしょう。

難解で心理学者は、それぞれの色には特定の意味があると主張しています。それは新しい家族の創設を祝うときに特に重要です。緋色、オレンジ色、金色のドレスは中国とインドの花嫁のための結婚式の服装の古典的なバージョンでした。ヨーロッパでは、赤または白 - 赤のドレスは結婚式の祭典のために長い間伝統的と考えられてきました。歴史家によると、ドレスの鮮やかな色は家に幸せと愛を集めました。

多くの文化において、赤は富と成功を象徴しています。ロシアでは、キャサリン2世の下で、赤いドレスはウェディングドレスのための唯一の可能な選択肢でした。当時、明るいブライドメイドの服は命を象徴し、悪の目から未来の家族を守っていました。

今日、赤いウェディングドレスは古代の伝統に従うよりももっと大流行です。花嫁は白いドレスを着た「もう一人の顔のない」花嫁になりたくない。赤いウェディングドレスの花嫁は気付かれずに行くことはありません、そして結婚式はきっとゲストによって覚えられているでしょう。

赤いウェディングドレス:情熱的な花嫁のためのインスピレーションを与えるスタイル

難解な解釈によると、赤いウェディングドレスを着た花嫁は「エネルギーの消費」を象徴しています。明るい飽和色は活力、良い結果を得たいという願望、野心的な計画、結果に焦点を当てることについて語っています。赤いドレスの所有者は強くてしっかりしている、アクティブな女の子です。彼女は自分が望むものは何でも達成することができます。

赤いドレスは愛と情熱の象徴ですが、この色の別の否定的な解釈があります。赤は怒りの指標と考えられており、情熱だけでなく将来の家族における喧嘩も伴うことがあります。そのため、式典の2日目には赤い服がよく選択されます。

コルセットと壮大な赤いウェディングドレス

コルセットとフルスカートのウェディングドレスは、お祝いのための古典的でお気に入りの選択です。習慣的なスタイルは、しばしばイブニング、シフォン、レースでできています。そのような服装はエレガントで厳粛に見えることが保証されています。今シーズンはオープンバックとディープネックの人気モデルです。

青々としたウェディングドレスは、細身の背の高い女の子にぴったりです。しかし、あまりにも壮大なドレスを拒否することをお勧めします。そのようなスタイルはフィギュアの尊厳を「隠し」、腰を隠し、きれいな足を隠します。フルガールズ壮大なウェディングドレスのドレスはお勧めできません。これにより、数字が視覚的に低くかつ充実したものになります。

緑がかったウェディングドレスは、真っ赤な色合いではなく、黒とグレーの色調のわずかな斑点がある、より落ち着いた色合いで選択されるのが最善です。

赤いスタイルのショートウェディングドレス

短いウェディングドレスは軽薄で、エレガントで遊び心があります。このスタイルは50年代に人気があり、長年にわたってその関連性を失うことはありませんでした。短いモデルは、ほっそりした脚を持つ花嫁にぴったりです。特に豪華なのは、短い人魚のドレスや、派手なサテンやレースのトップがふわふわのシフォンスカートに置き換えられている年です。これは驚くべきスタイルで、体型の利点を強調し、腰を強調することができます。ウェディングドレスの年は、身長が平均を超える女の子に適しています。

逆三角形の形をした女の子には、下半身を重視した緋色のドレスがおすすめです。最も適切なオプションは、非対称のスカートとネックラインまたは裾に沿ったセクシーなカットのモデルです。

ショートドレスは少なくとも大規模な装飾が必要です。ラインストーン、刺繍、レースのパターンでそれらを飾る - 製品のコルセットやスカートに、アクセントを1つだけ作ります。

フルの赤いウェディングドレス

壮大な女性のために、スタイリストはギリシャ風のドレスを選ぶことを勧めます。彼らは完璧に腹部に余分なセンチメートルを隠し、太もも、胸を強調表示します。肩と腕にはギピュールのひだが付いています。ぴったりとフィットする袖のモデルを選択しないでください、彼らは視覚的に完全性を強調しています。きちんとした足を持つ女の子は非対称多層スカートとウェディングドレスを見てください。

赤い弓とベルトのウェディングドレス

あなたが新郎と新婦の前に単色の赤いドレスで登場する準備ができていない場合は、お祝いのために白と明るい色の組み合わせを持つモデルを選択してください。基本的な衣装は白で作ることができます、そしてそのようなコルセット、刺繍、ビーズ、腰のベルト、弓、そして袖の装飾などのスタイルの要素は、赤の飽和色で。色合いのコントラストは、珍しいと非常に美しい服と同様に明らかになります。

ウェディングドレスの赤と白の組み合わせは、新婚夫婦によってより頻繁に使用されます。この場合、新郎のネクタイは花嫁のベルトとBantuと調和しているはずです。

赤いウェディングドレスの花嫁:色合いを選ぶ際のヒント

赤は百以上の色合いを持っているので、あなたは緋色の色だけであなたの選択を止めるべきではありません。私たちはあなたが結婚式のお祝いで見栄えができるようになります赤の色合いを選択する上であなたにいくつかのトピックのヒントを提供します。

  • 銅赤とレンガ色のウェディングドレスに直面する薄茶色の髪、茶色または緑色の目の花嫁
  • 明るい肌の所有者は赤の寒さの色合いをお勧めします:深紅色、ルビー、バーガンディ
  • 金髪の人は理想的には青みがかった色合いの赤い色のドレスを着てください、例えば、ガーネット

結婚式のお祝いはあなたが自信を持って優雅に感じるようになるその衣服を着て自由であるあなたのお祝いです。赤いウェディングドレスは、思い出に残るお祝いに最適です。

Loading...